My Journal

環境に左右されない強さが欲しい。

備忘録:はじめての英語プレゼンテーション

《バックグラウンド》

 

私が忘れないために殴り書きをします。最近のことですが、会社ではじめて英語プレゼンを行いました。オーディエンスの半分以上は海外のとーても偉い方々でした。

この経験を、将来の自分に向けた備忘録として、英語プレゼンテーションをどのようにこなせばいいのか書きます。

プレゼンテーションと英語に分けて構成すんぞ。

 

《プレゼンテーション》

 

外資系風(?)に言えば、

プレゼンテーション=①プレゼンス×②コンテンツ×③デリバリー

日本語で言えば、

発表=①発表者の存在感×②発表の構成内容×③発表内容の伝え方

 

①プレゼンス(存在感)

 最低要件として「堂々と」「声が大きい」「余裕がある(ように見える)」とかその辺り。オーディエンスと比較して、自分が格下であればあるほど必要。けど、作り込んでいると忘れてしまいがち。でも、発表数日前から脳みそフル稼働してシミュレーションしてみろ。どうだ、自分、おどおどしていないか?へらへらしていないか?声が小さくないか?弱々しく見えないか??

 

②コンテンツ(内容)

 日本語でも内容が良くないプレゼンは、英語にしたところで良くならない。日本人ですら良くないと思うもの、プレゼンまじうまい外国人(米国人・英国人辺り)が評価するはずもない。ドキュメント・コミュニケーションの全体観を読んで頑張れ。コンテンツに不安があるなら、この技術を使いこなせていないぞ。デリバリーの前にデリバリーするものが良くないのなら、伝える意味も無いんだぞ。

 

③デリバリー(伝え方)

 コンテンツに自信を持てたなら、スライドやスクリプト(スピーチ原稿)は当然作り込んだ方がいい。当然、ふつうのジャパニーズは日本語より英語が弱いので、英語ではうまく伝えられないこともあるのだし、その分だけグッと作り込んだ方が良い。身振り・手振りなどもあるとなおよい。また、スライドにも動きをつける必要がある。たとえば、1つのスライドに情報を詰め込みすぎず、1つのスライドを複数分割して、キーポイントがぼやけないようにするとかな。

 

《英語》

英語=①英語スクリプトの分かりやすさ×②英語スクリプトのスピーキング力

参考図書は、英語のプレゼン直前5日間の技術を読んだらよろしい。質問されたときの対応術(回避含む)とか書いてあるぞ。

 

①英語スクリプトのわかりやすさ

 

 日本語で作ったスクリプトを英語に直すときの注意点をここに書く。

 1)短文化

   S+V+Oの固まりで文書を区切れ。

 2)重要となる単語の意味合いやニュアンス

  プレゼン上、伝えたい/伝えなければならないキーとなる重要単語については、ロングマン英英辞典あたりで、日本語のイメージとズレがないか確認を取っておけ。

 3)論理的整合

  因果関係を英語に置いても明示すること。原因を表現する文章、結果を表現する文章は繋げずに、それぞれ1つの短文として書いた方が良い。慣れていないのに、うかつにso〜thatとかtoo〜toとか文法使わない。覚えられないし、シンプルに接続詞(because、so...)使っておけ。

 4)能動態

  受動態は受けがよくないらしいから、全部とりあえず能動態にしよう。

 

 英語スクリプトの即席術/緊急回避的なサムシング

 1)日本語のスクリプト(短くてわかりやすい)を用意します。

 2)グーグル翻訳(日本語→英語)に日本語スクリプトを突っ込みます。

 3)翻訳された英語スクリプトを読み、

   ・意図通りの意味になっているかチェック(グーグルさんもたまに勘違いする)

   ・短文化や論理的整合、受動態→能動態をベースに、英語スクリプトをなおす。

 4)Grammarlyに英語スクリプトを突っ込む。

   文法上、誤ったところが指摘されるのでなおす。

 

②英語スクリプトのスピーキング力

 

 結局、リズムや発音、スピードになるのだが…リズムや発音については、日頃からシャドーイングすることに尽きる。しかし、プレゼンまでに基礎力を引き上げる時間がない場合、どうしたら良いのか?自分の英文スクリプトを読み上げさせ、読み上げた英語をシャドーイングする。

 

 1)①で作成した英文スクリプトを用意する。

 2)テキストメモ(.txt)にスクリプトをすべてコピーする。

 3)NaturalReaderにテキストメモをアップロードする。

 4)読み上げられた英文をシャドーイングする。

   ※ちなみに、無料版の音声はTHE 機械音声って感じであまり耳に良くはない…。

 

 

 

 

クリエイト速読 vol.25

ユーキャン「通信教育」 | 提携パートナー | クリエイト速読スクール

 

しばらく更新が途絶えていましたが、断続的にクリエイト速読はやっていました。

とりあえず、今日までの記録を更新。

Public Space - Google ドライブ

*プログラム2が終わりました。通信教育前と比較して+300字/分の読書速度となりました。

*(理解を伴う)読書速度が向上してきている実感もあります。平易な文章をざっくり理解するのであれば、3,000字/分(文庫小説5ページ分ほど)の読書速度はあると思います。

*伸び悩んでいるトレーニング項目(ランダムシート:成長なし)と、伸びているトレーニング項目(ロジカルテスト:ステップ3)の差が広がっている印象です(なんとかなんのかな?)→ クリエイトのWEBサイトにある、ランダムシートに関する体験談等を読みあさることにします。

*講師コメントが返送(郵送)されてくるまでは、プログラム2の自習を行います。

 

 

Python vol.6

退屈なことはPythonにやらせよう   P.95-104

 

・リストの参照、わすれて間違えそうだ…。

・ちょっとしんどくなってきたので、初心者ブログやコミュニティをWebで探したり読みあさったりする。京都府在住ですが、誰かいないのかな…

・そもそも何を作りたいか?ということはそろそろ考えてもいいのではなかろうか。

・趣味は登山やボルダリングなわけであり、なにかしらできないかな。どうかな。と考える。

英語運用 vol.24

海外ドラマDVD学習
The Big Bang Theory 第19話 The Codpiece Topology

                              第20話The Barbarian Sublimation

実績はリンク先

海外ドラマ学習 - Google スプレッドシート

 

・先週は完全にさぼっていたが、気を取り直して再開する。

・ある程度の回数をおこなった後は英語音声・字幕なし(S) へ映らないとダレる。
・表現・単語は調べるのみならず、ある程度は暗記してしまった方が効果が高い。
・誰かが言っていたが、英語音声・字幕なしで字幕を推測する、というトレーニングは良いと。別のしんどさがありそうだが、いわば書かないディクテーションなので、効果は高そう。
・ただ、暗記にせよ、ディクテにせよ、さらに負荷がかかるため、継続できなくなれば元も子もない。
・継続を考えて、英語音声・字幕なし(S)を5回行うことを目標にする(16〜20回目)

本日の想 vol.6 TOEIC受験(2017/12/10)

 某私大でTOEICを受験してきました。転職の準備運動のひとつとして。乾燥によりあかぎれで損傷した手指とともに、なんとかやってきました。

 今年の春に受けたTOEIC IPテスト、新方式でははじめての受験。特にTOEIC専用の対策なしで660点前後、旧方式最高点が760なので、それほど落ちておらず安心したことを覚えています。

 今回も、まったくTOEIC専用の対策をせずに受けてきました。今年の春に受けたIP テストでは、最後のリーディング2問が解けずに終わりましたが、今回は最後まで解けて少し確認の時間も取れました。今回の春よりも、1問1問集中できたので手応えは感じています。

 これには、主として2つの大きな要因があると思っています。1つが、海外ドラマDVDを何回も視聴して、シャドーイングしたこと。英語字幕をネイティブの会話スピードで読みこなすことができれば、リーディングにも活きてきます。字幕なしシャドーイングは、きついですがリスニングに最も効果があると思います。

 もう1つが、意外にもクリエイト速読トレーニングが効いているかと。仮にわからない問題が出てきても、「わからないものはわからない、先に進めばわかるものもある」という潔さは、速読トレーニングで身に付いたかと思います。クリエイト速読、資格試験に強いのはもしかしたら本当かもしれません。あと45回、がんばってみます。

 なお、来年下期が転職予定時期なので、次回はTOEIC専用対策として模試を解きまくり、800点オーバーを目指します。それと別に、クリエイト速読が終わった段階くらいで、10,000語クラスまでボキャビルしたいところです。

トレーニング vol.23

リズナー・トレーニング

 

・おそらく…ステップ1の上級にいくまでに挫折する人が多いのでは?と思う。ステップ1の上級すべてをこなせば、筋肉以上に、筋トレコミットメント(?)がついてくる気がする。

・特に最初の段階は、筋肉の動きに意識を集中することが大事。すぐ姿勢は崩れていくし、楽をしようとしてしまう…。筋肉ゆっくり負荷をかけ、自重で加圧していく感覚を大事にしたい。

 

・トレーニング内容は以下で公開中

プリズナー・トレーニング - Google スプレッドシート

クリエイト速読 vol.24

ユーキャン「通信教育」 | 提携パートナー | クリエイト速読スクール

 

・視野拡大のためのトレーニングが以前ほど苦痛に感じなくなった。視野が広がることの可能性を、読書以外にも見いだしつつあるからだ。

・サッケイドシート:視野を高速で動かすことはできるようになったが、一方で目の動きに認知がついていっておらず、なんとなく不安を感じている。呼吸法で不安をなるべく取り除きながら続け、慣れを待つしかない。

・ランダムシート:特に苦痛が大きかったが、スコアはかわらないものの、以前よりメンタル面では楽になっており、悩まなくなってきている。

・かなひろいテスト:いま、一番の鬼門。物語に没頭するとスピードが乗らなくなる。○つけ作業に集中しようとするが、どこかで物語に入り込んでしまう…。

・ロジカルテスト(ステップ2):正答率は十分、とにかく悩まないことでスピードをあげていく。

・倍速読書トレーニング:聖の青春は面白い小説で、面白さが読者をひっぱっていく。理解度CないしC−(ところどころわかる)であれば 10,000字/分 までいける。視野の広さ明瞭さのアップ、画像ー文字ーイメージー推測のスピードアップが実現すれば、理解度B(あらすじがわかる)まで引き上げられるかもしれない。

 

・学習結果はリンク先で更新↓

Public Space - Google ドライブ