A Blue Journal

自我に左右されぬ強さ

本日の想 vol.6 TOEIC受験(2017/12/10)

 某私大でTOEICを受験してきました。転職の準備運動のひとつとして。乾燥によりあかぎれで損傷した手指とともに、なんとかやってきました。

 今年の春に受けたTOEIC IPテスト、新方式でははじめての受験。特にTOEIC専用の対策なしで660点前後、旧方式最高点が760なので、それほど落ちておらず安心したことを覚えています。

 今回も、まったくTOEIC専用の対策をせずに受けてきました。今年の春に受けたIP テストでは、最後のリーディング2問が解けずに終わりましたが、今回は最後まで解けて少し確認の時間も取れました。今回の春よりも、1問1問集中できたので手応えは感じています。

 これには、主として2つの大きな要因があると思っています。1つが、海外ドラマDVDを何回も視聴して、シャドーイングしたこと。英語字幕をネイティブの会話スピードで読みこなすことができれば、リーディングにも活きてきます。字幕なしシャドーイングは、きついですがリスニングに最も効果があると思います。

 もう1つが、意外にもクリエイト速読トレーニングが効いているかと。仮にわからない問題が出てきても、「わからないものはわからない、先に進めばわかるものもある」という潔さは、速読トレーニングで身に付いたかと思います。クリエイト速読、資格試験に強いのはもしかしたら本当かもしれません。あと45回、がんばってみます。

 なお、来年下期が転職予定時期なので、次回はTOEIC専用対策として模試を解きまくり、800点オーバーを目指します。それと別に、クリエイト速読が終わった段階くらいで、10,000語クラスまでボキャビルしたいところです。