A Blue Journal

自我に左右されぬ強さ

英語運用 vol.17

海外ドラマDVD学習
The Big Bang Theory 第17話 The Bad fish Paradigm

表現調べ

累計20回目   英語音声・英語字幕(観るのみ)

累計21回目 英語音声・英語字幕(シャドーイング

 

 英語スクリプト(英語、日本訳、発音記号)の使い方は考えないといけない。というのも、Google Driveなどで英語スクリプトを読むのであれば、英語音声・英語字幕をみたり英語音声・英語字幕をシャドーイングすれば、自然に英語スクリプトも読んでいる訳で。

 だから、英語スクリプト読みで学ぶ目的については、検討しなければならない。例えば、「スクリプトからテキストのイメージ構築を行う」。これに関しては、英語字幕は会話スピードでぐんぐん進む。このスピードで、イメージのないものを構築するには難しいため、英語スクリプト読みで補う必要がある。

 ただし、音声→イメージは、音声を聞かないと当然ながら育たない。あくまで海外ドラマDVD学習の目標は、「自然な会話ができるようになること」である。

 英語スクリプト読みに時間をかけすぎるのもいけないが(それこそ資格試験勉強とかわらない)……これによりテキスト→イメージを瞬発的にできるようになれば、テキスト(字幕)→音声→イメージとなり、最終的に音声→イメージだけに持っていけるはず。

 その上で、発音記号に基づく正確性もさることながら、文脈・表情・語感を伴った発音の調子など、できるだけ完コピのシャドーイングが求められる。

・プログラムは、

 1 英語音声・字幕なし(Wathching)

 2 英語音声・英語字幕(Wathching)

 3 英語音声・日本語字幕(Watching)

 4 日本語音声・英語字幕(Watching)

 5 英語音声・字幕なし(Shadowing)

 6 英語音声・英語字幕(Shadowing)

 7 英語スクリプト、特に分からない部分の日本語訳作成

 8 英語スクリプト、発音記号と頭の中での再生?

これらをどのような順序で行うか?あるいは、回数制限(天井)を決めて、流れに任すか。